いよいよ団体戦当日・・・、果たして結果は?⇒注目の1回戦♪

活動日:2016年7月3日

時間:8時〜13時(川西市市民運動場テニスコート)+α

今日のキーワード:緊張感・シナリオ通り・達成感

参加メンバー:6名+6名以上(応援団)

 

ついにやってきました・・・。前日は緊張していなかったのですが、やはり当日は緊張感があったんでしょうね。朝5時に起きてゆっくりと準備をし、7時前にうぐいす池公園テニスコートに行き、30分間ウォーミングアップ。

入念にサーブの確認をし、レシーブとストローク、バックハンドの軌道をチェック。こんなことしたことないんですけどね。ちょっとしたことでも気になってしまう、本当にそんな状態でした。ちょっと神経質になっていたかも(^_^;)

大御所メンバーはゆっくりとウォーミングアップに参加。貫禄が違いますね(笑)残り2名は直接現地へ、各々自分のペースで試合に向けての準備を行いました。

結構待ち時間が長く、8時前に川西市市民運動場テニスコートについてから1時間以上待ちましたね。その間がまた緊張の連続。というのも、他のチームの試合が嫌でも目に入ってくるから(-_-;)

コーチクラスのチームばっかりなんじゃないの?と最初から皆でビビってしまった・・・。でも、その中でもやはりいろいろな実力のチームがあることが徐々に分かり、全く歯がたたないわけでもなさそう、と思えることも(無理やり思っただけかも)(笑)

ウォーミングアップをしていなかったメンバーは、壁打ちで身体を温め、試合に向けて準備。こういった様子を見ている時間も結構緊張感が高まっていく(^_^;)

そして、いよいよ待ちに待った出番。1試合目は大御所ペア。大御所と言っても試合は実は初めて参加。どう見ても緊張していて動きが堅いな〜、というところが見られる。

でも、スピンの効いたロブや得意のスライスサーブなどしっかりと持っている技術を駆使してプレー。その結果負けはしましたが、2ゲーム取ることが出来ました(^.^)

この日、団体戦メンバーの人数以上の応援団が駆けつけてくれたのですが、もうすでにこの時点で感動したメンバーも。僕も最後まで迷ったペアでもあり、躍動している姿にホッとした部分もありましたね。

そして次は2面を使って第二試合、第三試合という流れに・・・。僕は3試合目の出番だったので、これだと気分的に楽だな〜、と思っていたのですが、変更があって1面に。サーブ練習を開始したところだったのですが、中止して応援に駆けつける。

第二試合のペアは、唯一試合経験があるメンバーと上手いメンバー。つまり、今回の団体戦のエースペア。駆けつけた時には1ゲームキープされた後でしたが、その後全てのゲームを取り、気がつけば6-1で圧勝。

このペアで心配していたのはぶっつけ本番だったこと。でも、息のあったプレーもあり安定感抜群。安心して見ていられました。

さあこれで1対1。想定内、と言うか作戦上勝利の方程式にしっかりとハマった形。ということは、ここは何としても勝たないといけない、というプレッシャーをひしひしと感じながらコートに・・・。

久し振りですね、こんなに緊張したのは。中学生、高校生の時はソフトテニスの団体戦で3番手を専門としてたので、まあ大丈夫だろうと思っていましたが、よくよく考えると当時もかなり緊張して試合に臨んでましたね(笑)

緊張しないタイプではなく、緊張した中で何とかすることができるタイプ、ですね。試合の内容に関しては、正直ほとんど覚えていません(笑)結果は6-1での勝利でした♪ペアとしてはもちろん、対外試合としてはお互いに初勝利(^.^)そして団体戦初勝利!

どうあれ1勝できたこと、これに尽きます。皆で喜び、優勝したかのような達成感(笑)振り返りながら盛り上がり、お腹も空いたと差し入れなどを頂きました♪はい、2回戦がまだあるのですが、2回戦のことはあまり頭にありません(-_-;)

というのも、2回戦は昨年3位のチームでシードだったんですよね。全体的に試合を見ていると、強いチームは正直レベルが違ってました。その中で昨年3位ということは強いチームに入るだろう・・・、ということはレベルが違うだろうな、と。

なので、次も勝つぞ!という気持ちというよりは、胸を借りてどれだけ通用するかを確かめるための試合、というイメージでしたね。

書き上げようと思ったのですが、かなり長くなってますので、次の試合と試合後のお疲れ様会の様子は次のレポートで書きます♪

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

  1. 第33回猪名川オープン大会
  2. サークル対抗戦(残念組)
  3. 第42回三木オープンテニス大会(シングルス)
PAGE TOP